審美歯科で歯茎のケア

審美歯科で歯茎のケア

口を開けて笑ってみると、歯茎の色によって口元の印象が大きく変わることに気づく方もいると思います。
黒ずんだ歯茎は歯と歯茎の狭間なるラインが不明瞭で、ぼやけた印象の笑顔になることも多いのです。
審美歯科治療では歯茎を美しくするための治療も用意されています。
今回は審美歯科で受けられる歯茎の治療について詳しく見ていきましょう。

 

歯茎の黒ずみを取り除くには、レーザーでメラニンを除去するというものがあります。
薬品を歯茎に浸透させた後、歯科治療用のレーザーを照射するのです。
1時間もかからずに治療が終わりますし、施術から数週間経つ頃にはピンク色の歯茎に変わることが出来ます。
痛みがほとんどなく、メスを入れる必要もありません。

 

ただし、歯茎変色の原因となる喫煙等の習慣を続けていると再び歯茎は黒ずんでしまうことに注意しましょう。
義歯を埋め込んでいる部分の歯茎が黒ずんでいるケースでは、義歯に含まれている金属が原因である可能性が高いといえます。
レーザー治療などで歯茎の黒ずみを取り除いた後、新たな義歯を挿入することで黒ずみの予防にも繋がるのです。
歯茎の肉付きがアンバランスで、大きな口をあけて笑えないという人はいませんか?
審美歯科ではそういった方のために歯肉形成という施術を用意しています。
歯茎の状態を写真棟で撮影し、どのような歯茎に仕上げるのかを歯科医師と相談することが出来ます。
麻酔を施したうえで、電気メスやレーザーで歯茎を切開するという施術なので、痛みを感じにくいのも特徴です。

 

ただし、切開可能な歯茎の深さには限りがあるので、自分の体質に合っているのかを歯科医師に診てもらう必要があります。
歯茎のコンプレックスを解消して、素敵な笑顔を手に入れましょう。

 

審美歯科の最新技術について詳しくはこちら

関連ページ

審美歯科医院の探し方
審美歯科医院の探し方
審美歯科の支払い方法について
審美歯科の支払い方法について
審美歯科って何?
審美歯科って何?
審美歯科でブリッジ治療
審美歯科でブリッジ治療
ラミネートベニアとは
ラミネートベニアとは