歯並びを綺麗にする方法

歯並びを綺麗にする方法

歯を綺麗にする方法として、
真っ先に思い浮かぶ審美歯科は、歯を白くする方法でしょう。

 

しかし黄ばんだ歯が、せっかく白く綺麗になっても、
歯並びが悪いと綺麗に見えてくれません。

 

では、歯並びを綺麗にする方法には、どんな方法があるのでしょうか?

 

大きく分類すると2つの方法があります。
まずメジャーな方法として、歯科矯正です。

 

歯科矯正に関しては、歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、
将来的に健康を損なう可能性があります。

 

また歯並びが悪いと、どうしても歯ブラシが届かない、
磨き残しが残ってしまい虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

 

その結果、虫歯や歯周病で歯を失う事になれば、
歯の健康は大きく損なわれてしまいますよね。

 

そのため審美目的ではなく、
歯の健康目的のために、治療を行う人も少なくありません。

 

ですが、歯の矯正は、歯を本来の正しい位置に変えていく事で、
歯並びを綺麗にするのにはお金も時間もかかります。

 

最近は大人になって、歯科矯正の治療を受ける人も増えてきていますが、
歯の柔軟性を考えると子供のうちに治療を受ける事をお勧めします。

 

では、歯並びを綺麗にする方法として、歯科矯正以外の方法はというと、
人工的な被せモノをする事で歯並びを綺麗に見せる方法があります。
こちらは審美目的で治療を受ける人が多いのが特徴です。

 

人工的な被せモノにはいくつか種類があり、
セラミッククラウンやラミネートべニアなどの治療法があります。

 

歯に被せモノをするだけなので、短期間で終わり、
治療費も歯科矯正のように高くはかかりません。

 

ただし耐久性という点においては、被せモノが剥がれてしまい、
やり直す事が必要になるケースも少なくありません。

 

対して矯正歯科は、歯を正しい位置に移動させる事で、
歯並びを綺麗にしているので、生涯長持ちすると言えるでしょう。