ラミネートベニアとは

ラミネートベニアとは

美しい歯を手に入れたいけれど、自分がもともと持っている永久歯に負担はかけたくない。
こういった思いを抱いている人もいると思います。
そんな皆さんにぜひお試しいただきたいのがラミネートベニアという施術です。
今回は、ラミネートベニアの特徴について詳しく見ていきましょう。
白く美しい歯を長持ちさせたいと考えたとき、審美歯科ではセラミックをはじめとした金属の被せ物を用いることがあります。
被せ物は歯をすっぽりと包み込むことで、着色やプラークなどの悪影響から歯を守ることに繋がります。

 

ただしその一方で、歯を削り取って被せ物に適した大きさにかえることがしばしば見られました。
欠けてしまった歯に被せるのであれば削る部分は少なくて済みますが、着色でくすんでしまっている以外は健康である歯に被せ物をして、削ることになるのは勿体ない感じる人もいることでしょう。
ラミネートベニアは、薄い膜を歯の表面に接着させるという手法を取っています。
女性の付け爪をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。
外側から見える部分にだけコーティングを施す形になりますから、歯を削るにしても最小限の負担で済むのです。
被せ物に比べて施術の時間も短く、仮歯にかかる費用も必要ありません。

 

 

 

また、ダイレクトベニアというお口の中でラミネートベニアを作成、装着するという方法であれば、通院の回数も1度で済むのです。
また、ラミネートベニアは歯の間に隙間が目立つ方の治療にも利用されています。
セラミックやレジンといった、天然の歯と遜色のない白さを誇る物質でベニアを作るので、審美歯科の治療の一環としても注目されているのです。