歯を白くする方法

歯を白くする方法

歯は毎日しっかり歯磨きをしていても、
コーヒーやカレーライスなど色の濃いものを食べる事で歯に着色してしまいます。

 

また加齢によって、歯が黄ばんでしまうケースや、
喫煙の習慣があれば白い歯をキープする事は難しくなります。

 

歯の機能性から考えれば、歯が黄ばんでしまっても、
それで歯の強度が脆くなってしまう訳ではありません。
生活には支障がないと言えるでしょう。

 

しかし黄ばんだ歯と白い歯とでは、印象は全く異なります。
白い歯=健康で若々しく、清潔感があると判断され、
また女性の場合は白い歯が美人の条件に加わります。

 

TVでアイドルを見れば、白い歯が眩しいですよね。

 

そのため、黄ばんでしまった歯を白く綺麗な歯にしたいと、
審美歯科へ訪れる人は少なくありません。
新百合ヶ丘で営業している歯医者も審美面での無料相談を受け付けています。
歯を白くする方法としては、いくつかの選択肢があります。

 

1番メジャーな方法は、ホワイトニングです。
ホワイトニングには、審美歯科で施術を受けるオフィスホワイトニングと、
自宅で自分で行うホームホワイトニングがあります。
それぞれメリットとデメリットがあるので、理解した上で選ぶようにして下さい。

 

ホワイトニングは、歯を白くする薬剤を歯の表面に塗り、光を当てる方法です。
歯のマニュキュア法は、歯の表面に白い樹脂を塗って、固める方法です。

 

しかしながら、ホワイトニングでは、全ての歯が白くなるわけではありません。
そのためホワイトニングでは、白くならない歯を白くする方法として、
ラミネートべニアと呼ばれる方法があります。
ラミネートべニアは歯の表面を削り、セラミック製のシェルを貼り付ける方法です。

 

健康は歯を削るという事に、抵抗を覚える人もいるかもしれません。
ですが表面をごく薄い部分だけで、
削る量は少ないので、歯の負担もほとんどありません。