自宅でできるホワイトニング

自宅でできるホワイトニング

歯は、毎日の生活でたばこなどを吸っていない方でも食べ物や飲み物によって着色しています。ホワイトニングは、審美歯科でももちろんおこなえますが、自宅で気軽にできるホワイトニングもありますのでぜひ1度試してみましょう。また、着色汚れがひどい場合などは審美歯科のホワイトニング治療を受けましょう。

 

また審美歯科での治療をお考えであればインプラント治療にも対応した行徳にある歯科の様な専門的な歯科を選ぶことでホワイトニング後のケアや検診など歯に関するトータルな対応が可能になるのでおすすめです。

 

ベーキングソーダを使用して、週に1回ホワイトニングをおこなう方法も人気が高いです。その方法は、小さじ半分程度のベーキングソーダに小さじ1程度の水を混ぜてペーストを作ります。歯磨き粉を使った歯磨きをした後に、そのペーストでいつも通り歯磨きをおこなうだけで完了です。また、オレンジの皮の白い部分を歯につけてこする方法も手軽です。これは、リモネンという成分が歯にこびりついたステインを取り除いてくれる事により歯が白くなります。

 

また、バナナの皮を使用して1日1、2回ホワイトニングをおこない継続すると2週間程度で効果があらわれると言われています。その方法は、バナナの皮の内側の白い部分で歯を磨いていき、歯にすべて白い部分が貼りついたら唇で歯を閉じないようにして10分間そのまま放置します。空気にふれる方が効果が高くなるそうです。その後、乾いた状態の歯ブラシで3分程度円を描くように1本1本丁寧に歯を磨きます。その後、いつも通りに歯磨き粉で歯を磨きましょう。

 

また、重曹を使用すると歯についたタバコのヤニや黄ばみ、黒ずみを取る事ができます。500mlの水にスプーン1杯の重曹を混ぜてうがいをしたり、歯ブラシにひとつまみの重曹をふりかけて歯磨きをおこないます。重曹を使用する際は、食用を使用するように注意しましょう。