歯の形を綺麗にする方法

歯の形を綺麗にする方法

審美歯科のメニューの中には、歯の形を綺麗にする治療もあります。

 

歯の形?と思う人もいるかもしれませんが、
例えば前歯が少し欠けてしまっていたり、バランスが悪いとしましょう。
この場合、歯並びが悪いわけではなく、形の問題ですから、
形を整える事で統一感が出て歯が綺麗に見えるという訳です。

 

では、歯の形を綺麗にする治療には、どんな治療があるのでしょうか?
八王子の矯正に特化した歯医者では、歯の並びを綺麗にする治療を行っていますが、歯の形を整えるときには審美歯科の出番なのです。
選択肢は多く、
ラミネートべニア、クラウン、ダイレクトボンディング、
カントゥアイング、ポーセレンインレーなどの治療法があります。

 

「ラミネートべニア」とは、歯の表面を少しだけ削り、
セラミックのシェルを貼り付ける方法です。
被せものなので、欠損の修復や歯の形のバランスを取る事も出来ますし、
同時に変色歯を白く綺麗にする事が可能です。
歯を白くする治療法としても、活用される方法ですが、
形と色を綺麗にしたいという人にお勧めです。

 

「クラウン」とは、歯の表面を削り、
セラミックやハイブリット素材のクラウンを接着させる事で、
歯の形を綺麗にします。
クラウンの場合は、審美性だけでなく、
強度をアップする事が出来るため、
機能性も優れていると言えるでしょう。

 

「ダイレクトポンディング」とは、樹脂を直接歯に接着する事で、
歯の形を整え綺麗にする方法です。
歯の形を綺麗にする治療法の中では、
1番リーズナブルな料金で施術を受けられるので根強い人気があります。
ただし、広範囲の治療になると、難易度が高いため、
信用出来る審美歯科を選ぶ必要があります。

 

「カンタリング」とは、エナメル質の範囲内で歯を削り、
歯の形のバランスを整える方法です。
例えば、男性なら男性らしさを出すために、平坦で角ばった形に整え、
女性なら丸みのある柔らかい形に整えるケースが多いようです。

 

「ポーセレンインレー」とは、歯の一部を人工材料でつめる事で、
歯全体のバランスを整える方法です。