審美歯科でブリッジ治療

審美歯科でブリッジ治療

ブリッジとは歯と歯に橋を架けるようなイメージで被せ物を施す治療のことです。
前歯が抜けてしまった場合、抜けた部分の義歯とその周囲の歯に被せるクラウンを連結させた器具を作成し、嵌め込むという手法で欠損した歯を補います。
一般的には保険適用される治療ですが、審美歯科的観点から自費診療に切り替えることも出来ます。

 

今回は、見た目にこだわってブリッジを選びたいという人のために、ブリッジの種類について詳しく見ていきましょう。
メタルボンドという種類のブリッジは、セラミックと金属を組み合わせているのが特徴です。
非金属であるセラミックを歯冠部分に利用し、金属で歯の裏側にあたる部分を構成します。
自由診療のブリッジの中では比較的低価格で、高い耐久性が魅力です。
セラミックは自然な歯とよく似た白さなので、審美性を求める人にもおすすめといえます。
オールセラミックのブリッジは、歯茎の部分が見えてしまう箇所にブリッジを嵌めるときによく使われます。
メタルボンドでは金属だった部分にもセラミックを使っていることから、全体として違和感のない仕上がりになるのです。

 

また、セラミックは非金属ですから、金属アレルギーの恐れがあるという人にも安心してご利用いただけるのも魅力なのです。
セラミックのクラウンにジルコニアと呼ばれる素材で土台を作成したブリッジは、非常に
審美性に優れた逸品です。
噛む力が強い奥歯でも耐えられる強度と、ジルコニアの軽さから使い心地は抜群です。

 

 

 

ただし、費用は1本あたりで10万円を超えることもあるので予算とご相談ください。

関連ページ

審美歯科医院の探し方
審美歯科医院の探し方
審美歯科の支払い方法について
審美歯科の支払い方法について
審美歯科って何?
審美歯科って何?
審美歯科で歯茎のケア
審美歯科で歯茎のケア
ラミネートベニアとは
ラミネートベニアとは