セラミックで歯を美しく

セラミックで歯を美しく

審美歯科を訪れる人の多くは、歯を美しく見せたいという願いを持っています。
では、美しい歯の定義とは何でしょうか?
笑ったときに白く輝く歯は、ステインが染みついた歯よりも清潔な印象ですよね。
審美歯科の治療においては、セラミックという原料を利用することで、変色しにくい白い歯を手に入れることが出来ます。
今回は、審美歯科におけるセラミック治療について詳しく見ていきましょう。

 

セラミック製の被せ物をすることで、お口の状態を整える施術をセラミッククラウンと呼びます。
欠けてしまった歯は不格好なだけでなく、噛み合わせの悪化や口内の乾燥といった悪影響を及ぼすことがあります。
見た目だけでなくこういった問題にも対処するには、被せ物を装着して正常な歯並びにしてあげる必要があるのです。
セラミッククラウン治療は、変色しにくい非金属として知られているセラミックで被せ物を作成します。
天然の歯に近い白さなので、義歯であることが悟られにくいのも特徴です。
施術の手順としては、お口の状態をチェックした後に被せ物を施す部分の歯を削ります。
クラウンを被せる歯が大きすぎると、お口の中で違和感を覚えてしまうことがあるのです。

 

セラミックの被せ物の作成には時間がかかりますが、初めての施術の段階で仮歯を付けてもらえるので、日常生活には支障をきたしません。
セラミックは被せ物だけではなく義歯の素材としても利用されており、審美性を求める方の中には前歯をセラミックの義歯に変えているという人も見受けられます。
セラミック治療は歯の本数や挿入する歯の場所によって値段が変わってくるので、歯科医師と相談したうえで治療に踏み切りましょう。