審美歯科を利用して美しくなろう

審美歯科の治療内容について

審美歯科とは、歯列矯正やホワイトニング、オールセラミッククラウン、ラミネートべニアなどの歯の美しさに焦点をあてた総合的な歯科医療分野の事です。
他にもさまざまな美容歯科治療があります。

 

こちらの豊洲で信頼の厚い矯正歯科もそのひとつです。

 

歯列矯正は、噛み合わせの悪い歯並びを自分の歯を装置で動かしながら整え治療していきます。
一般的には、歯を削ったり歯を抜くのを避けながら矯正治療がおこなわれます。歯につける装置には、歯の裏側につける装置や取り外しができる装置などもあります。
しかし、矯正の効果を保持する為にそれらの装置を使用できない場合もあります。

 

ホワイトニングは、歯を白く美しくする為におこなわれる治療となります。
歯についているコーヒーや紅茶などによる着色を、歯を削る事なく白くしていきます。

 

治療方法は、専用のホワイトニング剤を歯に塗り少しずつ歯を白くしていきます。
また、自宅でおこなえるホームホワイトニングなどもあります。

 

オールセラミッククラウンは、セラミックの被せ物で差し歯とも呼ばれています。
保険治療ではプラスチックや金属が使用されますが、見た目が不自然で時間が経過すると変色や劣化がおきる事も多いです。

 

しかし、セラミックの被せ物は天然歯とかわらない美しい自然な仕上がりになるのが特徴です。
また、耐久性にも優れしっかりと噛む事ができ長く使い続ける事ができる特徴もあります。さらに、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

 

ラミネートベニアは、歯の表面を削り薄いセラミックを貼り付ける前歯におこなう治療です。
また、歯を白くしたり歯並びのわずかなすき間を整える目的でも使用されます。
さらに、美しく自然な見た目に仕上がり、歯を削る量が少ないので麻酔が必要なく短期間で治療が終わります。

審美歯科でホワイトニング施術をしよう

審美歯科では、口元全体のバランスを考えた治療をアドバイスしてくれます。
つまり、虫歯がなくても歯の色や口元の美しさについて相談できるのが特徴です。

 

審美歯科で最も取り組みやすい治療は、ホワイトニング治療でしょう。
しかし、差し歯や神経を抜いてしまった歯は効果が少ないので、施術をおこなわない医院などもあります。

 

ホワイトニング治療は、歯を削る事なく光やレーザーを歯にあてて歯の内部の色素を分解して歯を白くしていきます。
最近では、特殊なジェルのみでおこなえるホワイトニングもあります。
しかし、通常妊娠中の方やその可能性がある方は施術ができません。

 

また、歯の表面に矯正装置がある場合はホワイトニングはできません。
15歳以上の未成年は、親権者の同意があれば施術を受けられるサロンや医院などもあります。

 

ホワイトニングを一度おこなっても、歯は生活習慣や再石灰化の影響で徐々に色戻りや着色をしていきます。
ホワイトニング効果が持続する期間は人それぞれですが、白い歯を保つためには定期的にホワイトニングをおこなうと良いでしょう。

 

ホワイトニングの施術前後は、飲食に制限のある歯科医院などもあります。
ホワイトニングをおこなう事で、汚れが付きやすくなったりむし歯になったり歯がうすくなったりする事はありません。
また、高年齢の方でも継続すれば歯は確実に白くなります。

 

しかし、40代頃から白くなりづらくなりますので早い段階で始められる方が良いでしょう。
ホワイトニングの施術では、歯の根が露出している方はその部分がしみる事があります。
また、歯の質によっては多少知覚過敏を感じやすくなる事があります。しかし、そういった場合にはしみ止めを塗ってから施術がおこなわれます。